▼奥大山ブルーベリーファームへようこそ

笠良原大地一面に広がるブルーベリー農園

当農園は国立公園大山と蒜山高原の中間、標高約720mの緩やかな傾斜地、笠良原大地にあります。 好天時には大山の南壁を間近に眺めながらブルーベリー狩りを楽しむことが出来ます。 また、農園に隣接するカフェ「アペゼ」では、収穫したばかりのブルーベリーを使用したソフトクリームやジュース、 焼きドーナツ等も販売しています。お客様のご来園をスタッフ一同心よりお待ちしております。

▼開園期間について

開園期間 2016年7月2日 から 10月上旬予定
※生育状況・気象状況によって
期間を変更する場合があります。
営業時間 9:00 から 17:00 まで
定休日 開園期間中は無休で営業しています

※開園期間はブルーベリーの生育状況や気象条件によって若干前後します。
※開園期間中はアペゼも無休で営業しています。

▼入園料金について

大人 800円(食べ放題)
小学生 500円(食べ放題)
幼児・園児 入園無料(食べ放題)

※当日スタッフの指定した区域のブルーベリーは、すべて食べ放題になります。 制限時間もありませんので、時間を気にせず、ゆっくりとブルーベリー狩りを楽しんで下さい。 品種によって熟成期が異なりますので、品種の指定は出来ませんので予めご了承ください。

▼お持ち帰りについて

専用パック 600円
1kg以上 要連絡

※園内で摘み取ったブルーベリーを持ち帰れるよう、専用のパックをご用意しています。 このパックには約400gのブルーベリーが入ります。
※1kg以上のブルーベリーお持ち帰りにつきましては、事前にご連絡下さい。

▼ご予約について

20名以上の団体のお客様は予約が必要です!

※20名以上の団体のお客様は、事前に予約が必要となります。
※大型バスは最大10台まで駐車可能です。駐車場までは農園のスタッフが誘導致します。

▼農園の立地と規模について

日本最大級のブルーベリー狩り観光農園!

当農園は鳥取県西部、中国地方最高峰「大山」の南側(江府町)に位置し、 2016年6月末現在、10haの農地に17,000本のブルーベリーを栽培しています。 厚さ1m以上の黒ボクと呼ばれる肥沃な土壌と奥大山に湧き出る良質な水で育てたブルーベリーは味がとても濃厚です。 将来的には20haまで面積を広げ、ブルーベリー狩り以外にも加工品製造や生食販売、市場出荷といった幅広い活動を目指しています。

▼主な栽培品種について

当農園では、2016年6月末現在、ハイブッシュ系を中心に47品種のブルーベリーを栽培しています。 品種ごとにそれぞれ特徴があり、甘味や果粒の大きさ、熟成期も様々です。 また、同じ品種でも、その年の気象条件や土壌の状態によって甘味や熟成期が若干変わります。 当農園で栽培している代表的な品種をいくつかご紹介します。

品種名 甘味 果粒 品種名 甘味 果粒
アーリーブルー チャンドラー 極大
ビックデューク ブルータ
ブルージェイ スパータン 極大
ノースランド ブルーレイ
ブルーヘブン ブルークロップ
バークレイ デキシー
ブリジッタ ブライトウェル
お知らせ・更新履歴

奥大山ブルーベリー農園は
2016年7月2日(土)より
オープン致します!
営業時間:9:00~17:00
(開園期間中は無休で営業)
----------------------------
カフェテリア・アペゼは
4/23より営業しております!
営業日:毎週土曜、日曜
営業時間:10:00~17:00
本年より、ビーフカレーと
2種類のピザが新しく
メニューに加わりました!
大山・蒜山のドライブ休憩に
是非お立ち寄りください♪

ブルーベリー農園及びアペゼ
7月の営業日カレンダー
2016年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

■が7月の営業日です。

総合案内パンフレット(PDF)
QRコードアクセス

総アクセス数